ホーム  観光  グルメ  宿泊  交通  イベント  歴史
 
  tobn7000149.gif
掲載一覧
  函館ドリームは北海道は函館市の観光エリアガイドです
北海道函館市の観光・グルメ・宿泊・イベント・歴史・方言等のカテゴリで函館市をご紹介。
函館山に向かって伸びる坂道の石畳さえにも歴史を感じさせる函館。函館のきめ細やかな情報を提供している「函館ドリーム」です。

« 啄木小公園 | メイン | 函館八幡坂 »

啄木一族の墓


20060823_2.jpg

 1905年には初めての詩集「あこがれ」を出版。明星派の詩人として世に出る。この年、節子夫人と結婚するが、その後創作活動は長く続かず、1907年に北海道各地を転々とする。翌年再々度上京。金田一京助と同宿しながら小説の連載活動。しかし、生活はかなり苦しく、多大な借金を背負っていたといわれる。1911年に悲しき玩具などを発表後、極貧の中、わずか27年の生涯を終えた。「働けど 働けどなお 我暮らし 楽にならざり じっと手を見る」という短歌つとに知られている。
 俺は死ぬときは、函館で死ぬ。と云ったほど、函館を愛した啄木。函館で暮らしたのは4ヶ月ほどの短い期間であったが、婦人の希望で一周忌の大正2年(1913)に遺骨を東京から函館に移された。現在は、妻、子供3人、両親らの一族が眠っている。