ホーム  観光  グルメ  宿泊  交通  イベント  歴史
 
  tobn7000149.gif
掲載一覧
  函館ドリームは北海道は函館市の観光エリアガイドです
北海道函館市の観光・グルメ・宿泊・イベント・歴史・方言等のカテゴリで函館市をご紹介。
函館山に向かって伸びる坂道の石畳さえにも歴史を感じさせる函館。函館のきめ細やかな情報を提供している「函館ドリーム」です。

« 箱館丸(函館丸) | メイン | 二十間坂 »

函館湯の川温泉


20060825_3.jpg

 承応2年(1653)に松前藩主氏広の長男千勝丸(後の9代目藩主高弘)が、この地で難病を湯治したとの伝えられている。その後松前藩は報恩のため薬師堂を再建し、湯倉神社の一角にひっそりと佇む石碑が往時を物語っている。また箱舘戦争の時には、幕府軍の榎本武揚が、湯の川温泉の湯治場を接収して傷病兵の療養所にしたと云う。
 その後明治18年(1885)に石川藤助が高温の源泉を発見してから本格的な町づくりが進められた。明治38年に函館と小樽間に鉄道が開通し、明治41年には青函連絡船が運航を始める。それに従い函館は、名実ともに北海道の玄関となった。昭和20年頃までは北洋漁業の根拠地と海産物の集荷取引の中心地という函館の経済基盤に支えられ、函館の奥座敷と呼ばれおおいに賑った。
 空港からは5分、函館観光をするなら最も好立地な湯の川で、函館の温泉郷として親しまれている。