ホーム  観光  グルメ  宿泊  交通  イベント  歴史
 
  tobn7000149.gif
掲載一覧
  函館ドリームは北海道は函館市の観光エリアガイドです
北海道函館市の観光・グルメ・宿泊・イベント・歴史・方言等のカテゴリで函館市をご紹介。
函館山に向かって伸びる坂道の石畳さえにも歴史を感じさせる函館。函館のきめ細やかな情報を提供している「函館ドリーム」です。

メイン

函館の観光スポットー函館市(駅前・元町)


啄木一族の墓 

20060823_2.jpg明治35年(1902)に、石川啄木は中学を中退し上京。与謝野鉄幹らと知り合うがまもなく生まれ故郷の岩手に帰郷し、雑誌「明星」に詩を発表。1904年再び上京後し、その旺盛な創作活動は著しい物があった。 続きを読む

トラピスト男子修道院 

20060822_2.jpg明治29年(1896)に900年の歴史を持つフランスのシート会からジェラル・プーリエ(後に帰化し、岡田普理衛と名乗る)ら9人の修道士が来日。その指導の基で日本最初の男子トラピスト修道院(正式名称:厳律シトー会灯台の聖母大修道院)を創設。 続きを読む

高田屋嘉兵衛像 

20060822_1.jpg明和6年1月1日、高田屋嘉兵衛は淡路国(現:兵庫県)津名郡五色町都志に生れる。 続きを読む

函館朝市 

20060821_1.jpg北海道の玄関口/函館駅のそばに約400軒もの店が軒を並べている朝市がある。 続きを読む

函館山 

20060818_3.jpg標高334m、周囲9Kmの小さな山ながら、600種類以上の植物が見られる自然の宝庫です。展望台からの夜景は世界一との評価も受けている。 続きを読む

立待岬 

20060817_3.jpg函館山の南東端に位置する立待岬。展望台からは青森県津軽半島や大森浜海岸線、そして湯の川温泉が一望できる景勝地として知られる。 続きを読む

函館外人墓地 

20060811_2.jpg安政元年(1854)のペリー来函に同行し亡くなった水兵を埋葬したことから始まった外人墓地。以来イギリス人、中国人、ロシア人、フランス人など、祖国を遠く離れ来函中の海上で、あるいは函館の地で亡くなった多くの外国人たちが葬られている。 続きを読む

函館元町カソリック教会 

20060810_1.jpg函館は古い教会が多い街として知られているが、なかでも最も古いのが元町カソリック教会。 続きを読む

旧ロシア函館領事館 

20060809_2.jpg安政元年(1855)12月の日露和親条約に基づき、安政5年(1858)に初代領事ゴシケーヴィチが着任し、実行寺で事務を開始したのが始まり。 続きを読む

北海道第一歩の地碑 

20060809_1.jpg明治維新後、函館は名実ともに北海道の玄関となった。 続きを読む
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  | All pages